« 梅仕事と植物の世話 - めざせ中医学的健康生活 | トップページ | 民法改正18歳成人 低い関心 議論深まらず ( ブログバトン ) »

2018年6月14日 (木)

グァテマラ フエゴ山の大噴火 - 「プーさんは鳩が大好きです」のブログ


4月28日放送のNHK「体感 グレートネイチャー中央アメリカ火山地帯」というのをビデオに取り置きしてありました。5月中旬に面白そうだったので見ました。中央アメリカがどうしてできたのか、ずっと昔からの経過、そして今の状況がよくわかるようになっていました。地球内部の活動がどれだけすごいものかが実感できました。溶岩がほんの小さな地殻の割れ目から少し噴き出してくるだけで、人間から見れば大きな火山を作ります。中央アメリカはそういう火山が帯状に連なって形成されているそうです。その中のフエゴ火山に取材班が入り、報告していました。火山のふもとにあるアンティグアという町が拠点になっていて、そこからさらに火山に近づいていきます。火口から7Kmという所にパーマチェ村というのがあって、常時噴火している火口がすぐそこに見えます。噴火すると大きな音と噴煙が上がります。村の人に「大丈夫ですか?」と聞くと、「ガスが爆発しただけだからどうってことないよ」と平然としていました。そのビデオを見て、2週間ほどして、「グァテマラでフエゴ山が大噴火!」というニュースが出ました。死者行方不明者は300名を超えるそうです。ビデ\xA5
Ľ鮓ǂ討い觧顗◆屬修鵑覆里鵑咾蠅靴討い燭藥爐未茵Ą廚隼廚辰討い泙靴燭❶△泙気ɤ呂ɕ忉詎埜充造砲覆襪箸蓮Ľ△了鯁秦海箸靴討い紳漆佑燭繊△呂燭靴凸技槪世辰燭鵑任靴腓Δʔ\xA9
 振り返ってその中央アメリカと同じような地帯が日本にもあります。プレートの境目から地下マグマが噴出して火山帯を作っているのは中央アメリカと同じです。富士山から南に延びる火山帯。出来上がった仕組みもよく似ているように思います。数百万年前から噴火が始まりつい300年前には宝永の大噴火と言われる噴火を起こしています。火山の寿命からいうと、決して「もう死火山になった」とは言えないと思います。フエゴ山の噴火も突然だったそうで、避難するひまも無かったとか、富士山もわずかな予兆に耳を澄ませておいてほしいと思いました。
豊中競翔連合会
   (クリック)

« 梅仕事と植物の世話 - めざせ中医学的健康生活 | トップページ | 民法改正18歳成人 低い関心 議論深まらず ( ブログバトン ) »