« 南下してます ( 釣り ) | トップページ | うそつきうそと自己欺瞞の心理学 »

2018年8月12日 (日)

レッスンラウンド後編

さて、プロとご対面である。

ここ数年ご一緒させていただいている齊藤美香プロだ。
本人の了承済み。
気骨のあるプロで、自分は好きなのだ。

何かを持ち帰りたい。

それはそうとスタートするのである。

最初は小雨。
濡れていてランがない方が助かる。
前半の途中から止んだ。

ティショットがイマイチで飛んでないけど、アイアンで頑張り、パットも頑張る。
パーを量産させ、バーディもたまたま取れた。

7H終わり2アンダー。引っ張ってもらってる。

8H右OB左崖というシチュエーション。
見た目、非常に打ちにくい。ここでこういうホールか。と思う。
5wでフックさせ?崖下のプッシュ。

林の中。いろんなやりとりがあり、崖を脱出したときには4打目を打ち終わっていた。汗

5打目なおもピンチ。
木の下、モフモフのラフ、池越、バンカー越。
125y程度だったのでさほどでもないのだが、厳しいシチュエーション。
洋芝のモフモフはヤバい。
池をさけたが、バン入。

6打目ピンチ
残り30yバンカーから、15歩につけて気合いの砂一。
鳥。

3715で折り返す。
9Hは1歩オーバーしたので良し。
ーーーーー3ー

後半
11終わってTOTAL1オーバー。
ティショットの弾道が非常に悪い。

12Hのティショットがへなちょこのドロップ球だったので、聞いた。
ティショットを治したい。
本当はアブを習いたいが、そのシチュエーションでヨセワン。
予めこれ習いたいと言ったが、上手く行く。汗
少しバンカーの打ち方は聞いたが。

今はスコアより、弾道をよくする方が重要。
その後、改良すべく、自分では上手くできたよ〜と話していたら、プッシュアウトバンカー。
上手くいったよ〜と言ったら左斜面、木の後ろx2。
スイングが上手くいったよという意味ね。

プロに惜しい!と言われながら。
いつOKと言われるのかが、気がかりだ。(笑)

後半はOBになりそうだったり、斜面に行ったりと危ういが、そこから少しずつ1wの弾道が良くなっていった。なるほど。球が浮いて曲がり幅が少ない。
ずーっと2nd1wを使用。
後半キタキツネに遭遇する。
なんで、バンカーにいるんだろうね?と話していたが、その解はキツネにしかわからない。汗
キツネの気持ちになり、テキトーな話をしていた。

写真を撮ろうと最初にお先にをして、スマホ取りにカートにダッシュ。
観光気分である

さてラウンド終わってみると、後半、残り7つでまともな所で打たせてもらえず、メタメタに。最後はまともなところからだったけど、残105からダフった。

中37西4380バーディx2、3x1、ダボx1

あれ?と思ったが、もう少し自分に頑張って欲しかった。
ノータッチ、完全ホールアウトでプレー。

美香プロに、また大差。パープレーじゃないかな。()

弾道を良くして、今度は、エース1wの性能が出せるかもしれない。

同伴メンバとラウンド後に話して、へぇという話しも聞けた。
解散!

そういえば、教わったことは弾道に関することで、takadonさんにも言われていたことの1つ。
これまで、takadonさんに聞いたそれ以前のものを治すのに大変だったので。はい。

スコアを少し乱すと思うが、修正を加える。
前半の8Hのフックは許せん。メラメラです。

楽しかった
このラウンドでは殆ど2nd1wを使ったが、エース1wでスイングを試しに、次の日のロイヤルシップでラウンド。

ラウンドは少しお休み。

おしまい。

« 南下してます ( 釣り ) | トップページ | うそつきうそと自己欺瞞の心理学 »